楽々亭の歳時記ぶろぐ版
raku1960.exblog.jp

身の周り半径数キロで起きた面白い話をご紹介。
※ワシのお気に入り※



ふーど


たいこや


ニシナ屋珈琲
ニシナ屋珈琲


せんごくの里


フジ菜園


八重青商ク



お気楽農場ふぁーむbuffo


美和東文化センター


磐門神楽団
磐門神楽団のブログ


k'sバーガー
佐世保バーガー母ちゃんの日記


観光協会
北広島町観光協会


カフェスペース トイ井口 cafespace Toy


あかとんぼ竹屋町 あかとんぼ


モダンズ  可部 モダンズ


版画


ワシ!


GSX400E


ワシの本家webサイト
http://rakuraku-tei.com

メールは
otayori@rakuraku-tei.com
迷惑メールっぽくない件名でお願いします

画像貼り付け掲示板

楽々亭道楽写真部 1 2 3

楽々亭動画部


楽々亭動画部その2


トップ画像ブログ


道路情報


広島ブログ
に参加しています。



最新のコメント
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
傘揃い
今年は吉田の祭りの神祇舞いの年。
地元では8月の終わり頃から練習を続けておるそうです。
そして今日はその総仕上げ的な公開練習が行われました
なんでか知らんけど『傘揃い(かさぞろい)』と呼びます。
d0124278_19393185.jpg
天気が悪いんでJAの米倉庫の屋根の下に獅子役二名×2組、天狗さん(猿田彦の神)、太鼓担当の小中学生10名程度、チャンチキで参加のチビッコ数名、笛担当のオッサンやら若い衆やらお母ちゃんやらが10名弱、関係者やそうでない人沢山、が集まって無事終了いたしました、あとは一週間先の本番を待つのみ。

練習せにゃいけん、せにゃいけん、せにゃ・・・
と思いはするもののなかなか動けず今日を迎えました、直前に音を出す練習はしたものの本格的に吹くのは丸2年ぶり、ほんの10数分の舞いですがきつかったです。  息がしんどい、腕がしんどい、指がしんどい・・・本番までにゃもうちょっと吹き込んどかんといけません。

[PR]
by rakuraku-tei | 2016-09-18 19:51 | Comments(2)
Commented by 金星 at 2016-09-18 20:15 x
吉田町は神楽の盛んなところですね。
ずっと前に来ていただいたことがありました。
動きが見事ですね。
Commented by rakuraku-tei at 2016-09-18 21:59
金星さま、コメントありがとうございます。
実はこれは神楽ではありません、二名で獅子を舞いますが天狗さんという相手が居るので一般的に知られている獅子舞いとも違います。   こちらでは「神祇舞い(じんぎまい)」と呼び神楽と同じく「奉納」するもんです。   何かしらのストーリーが有るらしいんですが残念ながらそれを知って教えてくれる人がもう居ないんです。   神楽とは違い演目と呼べるものは無く舞いが二種類(各10分~20分)有るだけです。   笛と太鼓は舞いと移動用のメロディーが各2種類有るだけで、それぞれ短いのを延々繰り返すだけのシンプルな物です。   人員や経済的な理由で二年に一度奉納しています。   興味が有りましたらユーチューブで「獅子頭神社」「神祇舞い」で検索してもらったらワシがアップしたのが見られます。