楽々亭の歳時記ぶろぐ版
raku1960.exblog.jp
身の周り半径数キロで起きた面白い話をご紹介。
※ワシのお気に入り※



ふーど


たいこや


ニシナ屋珈琲
ニシナ屋珈琲


せんごくの里


フジ菜園


八重青商ク



お気楽農場ふぁーむbuffo


美和東文化センター


磐門神楽団
磐門神楽団のブログ


k'sバーガー
佐世保バーガー母ちゃんの日記


観光協会
北広島町観光協会


カフェスペース トイ井口 cafespace Toy


あかとんぼ竹屋町 あかとんぼ


モダンズ  可部 モダンズ


版画


ワシ!


GSX400E


ワシの本家webサイト
http://rakuraku-tei.com

メールは
otayori@rakuraku-tei.com
迷惑メールっぽくない件名でお願いします

画像貼り付け掲示板

楽々亭道楽写真部 1 2 3

楽々亭動画部


楽々亭動画部その2


トップ画像ブログ


道路情報


広島ブログ
に参加しています。



最新のコメント
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
祭り準備
この前の日曜日、お母ちゃんの実家の地域の秋祭りの準備へ参加してきました。 祭りに欠かせない鳥居にかけるしめ縄やらそれにぶら下げるてるてる坊主の親戚みたいなヤツ、街中の祭りでも見られるヒラヒラのついた細い縄、そしてこの地域だけ?のヘビのワラ細工を各地区の役員さん達で手作りします。
d0124278_2131079.jpg
過疎化の進む田舎なのでお年寄りが多く皆さん手馴れたものでさっさと縄を編んで(縄をなう、と言う)いかれます、若い者を指導しつつ太いしめ縄も着々と出来ています。予め細い束を作っておいて、それを継ぎ足しながらネジって伸ばしていくんですね。
d0124278_21341647.jpg
そしてこれはてるてる坊主の親戚のようなしめ縄の飾り作りの様子
d0124278_21414980.jpg
クビレの入った形を作り最後に余分なところを押し切りで一気に切断して完成。




ヘビのワラ細工作りです、ワラ細工と言っても長さが8~9メートルにもなる大作です、祭り当日に2箇所有る御神木へ巻きつける神事が有ります。
まず別に作ってある蛇頭(当然ワラ製の手作り)に
d0124278_21481473.jpg
三本のワラの三つ編みを作り伸ばします
d0124278_21492648.jpg
片手で握った程度の太さのワラを継ぎ足しながら三つ編みを編むのがキツイ作業です、握力が落ちて上手く編めなくなるんです、編む人ワラを足す人、中には二人係りで編む人も居ます。あんまりキレイに編んでもダメ、継ぎ足したワラをわざとはみ出させて竜のトゲトゲを表現?します。
三本の三つ編みが程よく伸びたところで、さらにねじりを加えて編み上げるためにワラの三つ編みを持って威勢良く掛け声をかけながら三人でねじりながら回ります、「えいやさーのさ!!」で三人が体を回しながら位置を変えるんです
d0124278_226725.jpg
これで蛇の本体がだんだん伸びますので神社の梁にロープをかけ吊り上げこれを繰り返して蛇の完成。
d0124278_2221644.jpg
竹の棒に挟んで祭り当日までお休み、これをもう一体作ればヘトヘトです、最後のお神酒がこたえます。
その間にも周囲では細縄作りをされていまして、祭りの準備はバッチリです。
d0124278_2139578.jpg
これはワシの作った縄、生まれて何度目かの作品、いい感じの部分もチラッと見えます。
[PR]
by rakuraku-tei | 2008-10-06 22:11